• さぁ、君はどんな未来をつくる?

    豊かなようで、課題が山積みの今の世の中…

    仕事を通じて「社会の現状をなんとかしたい」

    単に消費を促す仕事ではなく、本当の意味で「誰かの幸せにつながる仕事がしたい」

    働くことを通じて、「自分の人生の手応えを感じたい」

     

    だけど、そんな仕事はあるのだろうか?

    「社会のため」は、ボランティアではなく仕事になりうる?

    企業の「社会貢献」はどこまで本気?

    そもそも自分は、どんな未来を目指したい?

     

    そんな想いや葛藤にお応えすべく

    「四方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし、未来よし!)」を

    本気で志す企業10社が京都に集結!

     

    実際に「社会のため」を「仕事」にして

    日々社会課題に挑む先輩社会人と、会って、話して、

    自分の未来と社会の未来との接点、見つけてみませんか?

     

    さぁ、君も想いをカタチにする仕事に出会おう!

    ・・・・・日時・・・・・

    2019年3月23日(土)11:30~16:00

    (受付 11:00~)

     

    ・・・・・場所・・・・・

    ハートピア京都(地下鉄「丸太町」駅 5番出口直結

     

    ・・・定員・参加費・・・

    100名・無料

     

    ・・・・・対象・・・・・

    社会課題の解決やよりよい未来の創造に関わる仕事に興味のある学生の方
    ソーシャルビジネス等への転職をお考えの若手~中堅社会人の方(35歳くらいまで)

    (就活生だけでなく大学1~2回生の方、京都・関西圏以外の方の参加も、もちろん大歓迎です。)

     

    ※ 事前申し込みが必要です。

    ※ 11:30-16:00まで通しでのイベントです。原則、途中入退場はできません。

    ※ 普段の服装でお越しください。

  • プログラム

    1

    Agenda 1.「私たちの働く理由」

    (トークセッション)

    「これからのビジネスの可能性は『四方よし』にある!」

    そんな想いを持ち、ビジネスを実践するトップランナー4名が、「ビジネスを通じてこんな未来を創りたい」「こんな仲間と働きたい」といった想いを語ります!

    環境、地域、多様性、持続可能性といったテーマを重んじ、それぞれの分野で活躍する各者(各社)のビジョンや仕事観に触れることで、「働くこと」本来の面白さが見えてくる…そんなライブトークをお届けします。

    ―――――――――――

    登壇企業:

    アミタホールディングス株式会社

    京都信用金庫

    株式会社坂ノ途中

    株式会社ワコールホールディングス

    2

    Agenda 2.「自分の仕事未来図を描いてみよう」

    (ワークショップ)

    自分の関心は?価値観は?どんな社会をつくりたい?

    意外とわかっていない「自分の気持ち」をワークシートを使って見つめ直し、仲間や先輩社会人と話しながら、自分と社会との接点を見つけよう!

    きっと、自分にとっての"働く"理由を見つける手がかりになるはず!

    ―――――――――――

    少人数のグループに分かれて実施します。

    各グループに、先輩社会人が1名ファシリテーターとして入ります。

    3

    Agenda 3.「先輩社会人に聞く 未来への第一歩」

    (ダイアローグ)

    「『四方よし』を目指す企業の仕事って、具体的にどんなこと?」「どんな人達と働いてるの?」「今の仕事の満足度は?」など、一歩踏み出すために知りたいことは山程あるはず。

    そんな疑問や悩みを、皆さんの一歩先を歩く先輩社会人に相談してみよう! 直接会って、聞いて、"生"の情報に触れて、未来の自分の姿を見つけよう!

    ―――――――――――

    少人数のグループに分かれて実施します。

    各グループに、先輩社会人が1名入ります。

    途中で席替えを数回予定しています。

     

    ※プログラム詳細は、予告なく変更になる場合があります。

  • 登壇者・ファシリテイター紹介

    Agenda 1. 登壇者

    熊野 英介氏

    株式会社アミタホールディングス 代表取締役

    公益財団法人信頼資本財団 理事長

    一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク 副代表理事

     

    「持続可能社会の実現」を掲げ、他社に先駆け100%リサイクル事業を開始。

    現在は企業・自治体向けに、持続性を高める統合サービスを展開。サービス提供内容は、環境管理業務のアウトソーシングから森林・里山の利活用を含めた地域循環のモデル構築まで、多岐にわたる。未来の子供たちの尊厳を守ることをミッションに、豊かな関係性が動力となる新たな社会創出に向けて邁進中。

    榊田 隆之

    京都信用金庫 理事長

    上智大学外国語学部卒業。

    日本輸出入銀行(現国際協力銀行)勤務後、1985年に京都信用金庫理事就任。人事部長、本店長などを歴任後、2006年より専務理事、2018年理事長就任。

    京都経済同友会理事、NPO法人グローカル人材開発センター代表理事。

    京都市出身。58歳。

    繋がりから生まれる気づきやイノベーションが強く求められる現代社会において、お客様の関心事にお節介を焼き、人と人が集う温かい交流の場の創造を目指す。社内外で「豊かなコミュニケーション」を実践し、地域社会に役に立つ金融機関を追及する。

    小野 邦彦氏

    株式会社坂ノ途中 代表取締役

    1983年、奈良県生まれ。京都大学総合人間学部にて文化人類学を専攻。

    外資系金融機関での「修行期間」を経て、2009年に株式会社坂ノ途中を設立。

    「100年先もつづく、農業を」というメッセージを掲げ、農薬や化学肥料不使用で栽培された農産物の販売を行っている。少量不安定な生産でも品質が高ければ適正な価格で販売できる仕組みを構築することで、環境負荷の小さい農業を実践する農業者の増加を目指す。

    その他、「海ノ向こうコーヒー」の実施や、有機農産物のオンラインプラットフォームfarmO(ファーモ)の開発運営も行う。

     

    ※Agenda 2. ワークショップ、Agenda 3. ダイアローグにも参加予定。

    鳥屋尾 優子氏

    株式会社ワコールホールディングス

    ダイバーシティ・グループ人事支援室 副室長

    株式会社ワコール入社後、経理・財務部門を経て、広報部門にて社外向けPR誌の編集、社内報の編集に携わる。多数の文化人、学者、医療従事者などへのインタビューを実施するほか、ワコールの経営者や社員、世界で働くワコールの仲間への取材を通じてワコールに根付く経営理念を体感する。

    2016年に京都駅前に美をテーマにした学び場「WACOAL STUDYHALL KYOTO」を立ち上げ、初代館長に就任。2018年4月より現職。

    現在は従業員の約9割を占める女性の活躍に加え、第2フェーズのダイバーシティ戦略として、すべての従業員を対象に、個々の違いや価値観を認め合う多様性受容と一体感を醸成する組織風土づくりに取り組み始める。

     

    ※Agenda 2. ワークショップ、Agenda 3. ダイアローグにも参加予定。

    山根 小雪氏(モデレーター)

    日経BP社
    日経エネルギーNext編集長

    日経xTECH(クロステック)副編集長

     

    2002年東京農工大学大学院工学研究科修了後、株式会社日経BPに入社。環境工学を学ぶ中で、経済からアプローチすることの重要性を感じ、経済記者の道へ。
    「日経コミュニケーション」記者を経て、2007年から「日経エコロジー」編集部で地球温暖化ブームを追う。2010年に「日経ビジネス」編集部に移り、自動車など製造業とエネルギー産業を担当。3.11後はエネルギー取材に軸足を置く。2015年1月の「日経エネルギーNext」創刊時より編集長を務める。

    電力自由化によって生まれた新たなマーケットを対象に取材、執筆を続けるとともに、デジタル時代の専門メディアのビジネスモデルを模索している。「中立でど真ん中を行くメディア」を目指し、日々邁進している。

  • Agenda 2. & 3. ファシリテイター

    末次 貴英氏

    アミタ株式会社 取締役

    1981年生まれ。

    事業を通じて環境や社会課題の解決に取り組むことを志し、2005年にアミタグループに新卒で入社。

    森林保全と酪農を組み合わせた「森林酪農事業」の立ち上げや、大型バイオガス発電施設の所長を歴任。

    企業向けには産業廃棄物のリサイクル営業等の経験を活かした、現場感・手触り感のあるコンサルティングが持ち味。これまでに100社以上の企業にサステナブル経営のためのビジョン策定、環境戦略立案等を提供。
    ひとつひとつの機会を大切に、「物腰は優雅に、行動は力強く」をモットーとしている。2019年1月より現職。

    角新 支朗氏

    アミタホールディングス株式会社 経営企画チーム チームリーダー

    1974年、京都府生まれ。

    持続可能社会の実現を目指すミッションに共感し、2000年にアミタグループに新卒で入社。

    京都府京丹後市におけるバイオガス事業、森林酪農事業、宮城県南三陸町における地域ビジョン策定及び地域資源循環事業など、主に地方において新規事業立ち上げに多く従事。

    これまでの事業を通じて、資源・エネルギー・食の域内循環、そして人と人とがつながる仕組みの重要性を実感。2019年1月より経営戦略グループへ配属。

    益田 晴子氏

    IKEUCHI ORGANIC株式会社 リテールストアマネージャー

    1972年、京都市生まれ。

    平安女学院短期大学卒業後、三菱レイヨン株式会社に勤務。約6年務め、夫の転勤に伴い退社、香港へ。

    帰国後、商社でアパレルの貿易事務を担当。

    2011年に【最大限の安全と最小限の環境負荷】を基本方針に掲げる池内タオル(株)(現IKEUCHI ORGANIC株式会社)に出会いIKEUCHI ORGANICのモノ、コトを知り大ファンに。

    2014年、KYOTO STOREの立ち上げに伴い入社。現在は日々、IKEUCHI ORGANICのモノ、コトを発信している。

    森島 啓太氏

    株式会社ウエダ本社 まとめるチーム

    京都府京都市出身。
    神戸大学 国際文化学部卒業後、大手電子部品メーカーに就職。
    5年間経営企画を担当後、管理型の働き方に疑問を感じ、「はたらくを彩る」をミッションとする株式会社ウエダ本社に転職。現在はセミナーの運営や新規事業の推進など「まとめる」仕事を担当。

    誰もが自律した、生き生きと働ける社会の実現を目指す。

    両角 聖人氏

    株式会社ウエダ本社 ひろげるチーム

    2011年、立命館大学 産業社会学部スポーツ社会専攻卒業。

    卒業後、繊維専門商社で3年間勤務。その時の経験が「はたらく」や「育てる」という分野への問題意識を持つきっかけとなる。その後、九州にてソーシャルビジネスを学び、現在は京都の株式会社ウエダ本社にて、社会の課題解決の実践を通じて「新しい就職の在り方」「育てる」を実現する仕組み作りに注力している。

    中平 由香氏

    京都信用金庫 上牧支店 事務チーフ

    立命館大学法学部卒業。奈良県出身。

    2006年4月、京都信用金庫入庫。吉祥院支店で主に窓口業務を担当後、岩倉中町支店で接客チーフ、現在は上牧支店にて事務チーフとして業務を行っている。事務処理ついて後輩職員の相談に乗る傍ら、豊富な知識と経験が求められる為、日々勉強中。お客さまのライフステージに応じたサポートが出来るように心がけている。

    浅尾 達志氏

    京都信用金庫 枚方支店 事務チーフ

    2011年、関西大学経済学部卒業後、京都信用金庫入庫。

    亀岡支店、北大路支店にて、3年半企業金融を担当。現在は融資チーフとして枚方支店勤務。 営業と内勤の仕事を経験する中で、両方のモチベーションの違いを理解し、お互いを繋ぎ合わせられる存在になりたいと考えるようになる。支店全員の意識を共有し、一体感が生まれ、コミュニティ・バンクとしての役目が果たせる、そんな職場を作ることを目標に日々業務に邁進中。

    西田 太一氏

    ジャミン合同会社 Co-Founder

    1983年京都府生まれ。

    立命館大学在学中の2005年に訪れたスリランカではじめて途上国の現状を目の当たりにし衝撃を受ける。修士課程修了後、途上国の水問題等を解決したいと開発コンサルタント会社であるパシフィックコンサルタンツ株式会社に入社。政府の成長戦略・インフラ輸出戦略立案やミャンマー・ダウェー経済特区開発に従事。

    「自分に出来ることからしよう!」と2013年にJAMMINを設立。

    松田 直子氏

    株式会社Hibana 代表取締役

    学生時代、熱帯雨林問題をきっかけに日本の林業に関心を持ち、燃料利用(バイオマス)という結論に行き着く。2006年に京都において株式会社Hibanaを設立。森林の魅力を伝え、火と木のある暮らしを提案し、地域の資源を地域で利用する、持続可能な社会づくりを目指している。京都市役所付近の寺町二条にて「京都ペレット町家ヒノコ」を運営。現在は「バイオマスツアー京都」の立ち上げ準備中。

    吉田 創一氏

    株式会社フラットエージェンシー 代表取締役

    1977年、京都市生まれ。

    2001年に京都産業大学卒業後、ミサワホーム近畿株式会社に入社。

    住宅メーカー営業勤務ののち、2005年に株式会社フラット・エージェンシーへ入社。2015年、代表取締役に就任。『まちづくり・コミュニティ・サービス』をキーワードとした創造的な住空間を演出し、安心・安全、豊かで楽しい暮らしを提供することを使命として仕事に取り組んでいる。単なる不動産会社ではなく、まちづくりに貢献できる企業を目指して邁進中。

    中川 桂一氏

    株式会社フラットエージェンシー 専務取締役

    1972年、大阪府生まれ。

    1966年に佛教大学卒業後、自宅が賃貸業を営んでいたこともあり、同分野への親しみから不動産業を中心に就職活動を行う。当時のフラットエージェンシーは2店舗ほどの規模であったが、現会長との面談によって会社の勢いを感じ入社。

    マンスリーマンションの担当として管理・運営などの実務に励む一方で、不動産業界の労働環境について課題を感じ、IT導入や情報共有の取り組みを積極的に行う。2017年、専務取締役に就任。

    佐々木 博國氏

    株式会社マザーハウス 京都三条寺町店 店長

    慶應義塾大学経済学部卒業後、証券会社に7年半勤務。金融商品のセールス業務に従事。

    30歳になるタイミングを機に、『途上国から世界に通用するブランドをつくる』という企業理念を掲げる株式会社マザーハウスに転職。

    京都では初めての出店となった京都三条寺町店にて、店舗統括責任者として働いている。

    『良いビジネスは大きくなるべきである』という考えのもと、事業の拡大に尽力している。

    岡野 雅通氏

    株式会社島津製作所 経営戦略室企画管理ユニット総務グループ 主査

    大阪大学大学院環境工学専攻にて博士号取得後、特任助手として文部科学省の人材育成プロジェクトの事務局に関わり、2007年に株式会社島津製作所へ入社。

    入社当初より同社の環境部門において化学物質、廃棄物の管理業務などに携わり、2018年より現職。現在は経営会議の運営事務局、働き方改革、CSR推進など幅広い業務を担当。

     

     

     

    ※現在も、複数企業と調整中です!参加決まり次第、情報追加させていただきます。

     また、登壇者・ファシリテイターは、予告なく変更になる場合があります。

  • アクセス

    〒604-0874京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地
    ▶最寄り駅 地下鉄烏丸線「丸太町駅」 5番出口直結

  • 参加お申し込み

    参加ご希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。

     

    ※本会についてのご質問、及びメディア関係者のお問い合わせ(ご取材のお申し込み等)については、

    下記「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

  • ・・・・ 共催 ・・・・

    アミタホールディングス株式会社

    IKEUCHI ORGANIC株式会社

    株式会社ウエダ本社

    京都信用金庫

    ジャミン合同会社

    株式会社taliki

    株式会社Hibana

    株式会社フラットエージェンシー

    株式会社マザーハウス

    (五十音順)

     

    ・・・・ 後援 ・・・・

    京都市

    公益財団法人京都高度技術研究所 京都市ソーシャルイノベーション研究所
    公益財団法人信頼資本財団
     

    ・・・ 企画・運営 ・・・

    アミタホールディングス株式会社

    カンパニーデザインチーム

    担当:辰巳、諏訪

    お問い合わせ